8.1.16 FQDN フィルターで使用するキャッシュのタイマーの設定

[書式]

[設定値及び初期値]

[説明]


FQDN フィルターで使用するキャッシュのタイマーを設定する。
ip filter コマンド、および ipv6 filter コマンドで、始点アドレスおよび、終点アドレスに FQDN を設定している場合、 指定した FQDN に一致する通信が発生したとき、タイマーが動作する。 time に指定した秒数の間、FQDN フィルターに一致する通信がない場合、FQDN と IP アドレスを対応づけるキャッシュを削除する。

auto=on の場合、タイマーには以下の値が設定される。
  • ファストパスを使用する通信のとき、ファストパスのフローテーブルで使用されるタイマーの中で、最も大きい値が本タイマーの値として自動で設定される。
  • ファストパスを使用しない通信のとき、time の値がタイマーとして設定される。

auto=off の場合は、常に time の値がタイマーとして設定される。

[ノート]


RTX5000 は Rev.14.00.26以降、RTX3500 は Rev.14.00.26以降、RTX1210 は Rev.14.01.26 以降、RTX830 は Rev.15.02.03 以降、RTX810 は Rev.11.01.28 以降で使用可能。

[適用モデル]

RTX5000, RTX3510, RTX3500, RTX1300, RTX1220, RTX1210, RTX830, RTX810