複数プロバイダ同時接続機能のための追加コマンド

複数プロバイダ同時接続機能のために以下のようなコマンドを追加する。

DNS問い合わせに応じたDNSサーバの選択

[コマンド形式]
dns server select ID SERVER [TYPE] QUERY [ORIGINAL-QUERIER]
dns server select ID pp PP_NUM [TYPE] QUERY [ORIGINAL-QUERIER]
dns server select delete ID
[パラメータ]
[説明]
DNSの問い合わせを行なうDNSサーバとして、 DNS問い合わせの内容とDNSサーバとの組合せを複数登録しておき、 実際のDNS問い合わせの内容に応じてその組合せから適切なDNSサーバを選択できるようにする。 テーブルは若番順に検索され、 DNS問い合わせの内容にQUERYがマッチしたらそのDNSサーバを用いてDNS問い合わせを解決しようとする。 テーブルのそれ以降の検索は行われない。 すべてのテーブルを検索してマッチするものがなかったら、 dns serverコマンドで指定されたDNSサーバが用いられる。

静的DNSレコード

[コマンド形式]
ip host FQDN VALUE
ip host delete FQDN
dns static TYPE NAME VALUE
dns static delete TYPE NAME
[パラメータ]
[説明]
静的なDNSレコードを定義する。
ip host コマンドは、dns staticコマンドでaとptrを両方設定することの簡略型である。
[ノート]
問い合わせに対して返されるDNSレコードは以下のような特徴を持つ。

表示コマンド

[コマンド形式]
show ip host
show dns static
[パラメータ]
なし
[説明]
静的なDNSレコードを表示する。

ip routeコマンド

[コマンド形式]
ip route IPADDRESS[/MASKLEN] GATEWAY-LIST
ip route delete IPADDRESS[/MASKLEN]
[パラメータ]
[説明]
IPの静的経路を設定する。

設定例

ホストによって接続先を変える場合

ip lan address 192.168.0.254/24
ip filter 1 pass 192.168.0.1 * * * *
ip filter 1 pass 192.168.0.2 * * * *
ip route default gateway pp 1 filter 1 gateway pp 2 filter 2

注意事項

プロトコルによって接続先を変える場合

ip filter 1 pass * * tcp * smtp,pop3
ip filter 2 pass * * tcp * www
ip route default gateway pp 1 filter 1 gateway pp 2 filter 2 gateway pp 3
dns server select 1 pp 1 mx .
dns server select 2 pp 1 a mail-server.
dns server select 3 pp 1 a pop-server.
dns server select 4 pp 2 a www.server
dns server pp 3

注意事項

プロトコルによって接続先を変えるが、現在接続中であればそれを優先する場合

ip route default gateway pp 1 hide gateway pp 2 hide gateway pp 3 hide
dns server select 1 pp 1 mx .
dns server select 2 pp 1 a mail-server.
dns server select 3 pp 1 a pop-server.
dns server select 4 pp 2 a www.server
dns server pp 3

注意事項

手動発呼で相手先を選択する場合

ip route default gateway pp 1 hide gateway pp 2 hide

注意事項