RTシリーズのセキュリティに関するFAQ


「CPU に対するサイドチャネル攻撃」について


最終変更日 2018/Jan/29
文書サイズ 7.2K

「CPU に対するサイドチャネル攻撃」について


概要

以下において、投機的実行機能やアウトオブオーダー実行機能を持つ CPU に対してサイドチャネル攻撃を行う手法が報告されました。
この脆弱性は「Meltdown」および「Spectre」と呼ばれています。

ヤマハネットワーク製品はこの脆弱性の影響を受けません

(✔:該当、−非該当)
JVN No. CVE No. ルーター/
ファイアウォール
無線LANアクセスポイント L2スイッチ
JVNVU#93823979 CVE-2017-5715
CVE-2017-5753
CVE-2017-5754


○ヤマハ ルーター および ファイアウォール について


ヤマハ ルーター および ファイアウォール はこの脆弱性の影響を受けません。



○ヤマハ 無線LANアクセスポイントについて


ヤマハ 無線LANアクセスポイント WLX402、WLX302,WLX202 はこの脆弱性の影響を受けません。



○ヤマハ L2スイッチ について


ヤマハ L2スイッチ SWX2100シリーズ、SWX2200シリーズ、SWX2300シリーズ はこの脆弱性の影響を受けません。



更新履歴

2018/01/16 : 公開
2018/01/23 : 概要の記述を修正した
[ FAQ for RT-Series ]
[ FAQ for Security / Intro / Install / Config ]