RTシリーズのSNMPに関するFAQ


RTの挙動とSNMPトラップ


最終変更日 Tuesday, 06-Nov-2018 20:13:21 JST
文書サイズ 24K

トラップの仕様を教えてください。


目次

RFC1157で規定されているトラップ

coldStart

[送出契機] 電源投入、再投入による起動後およびファームウェアリビジョンアップに よる再起動後(※2)
[制御コマンド] snmp trap enable snmp coldstart (※1)

warmStart

[送出契機] coldStartに該当する条件以外の起動後(※3)
[制御コマンド] snmp trap enable snmp warmstart(※1)

linkDown

[送出契機] インタフェースがダウンした場合
  • LANインタフェース(※4)

    LANケーブルが外れたり相手側の装置の電源が落ちた場合にインタフェー スダウンとなります。LANインタフェースが10/100M速度自動検出モード になっている場合には、相手側の装置と速度のネゴシエーションを行う 時にもインタフェースダウンになることがあります。

  • BRI/PRIインタフェース

    レイヤ1の状態がF7から外れた場合にインタフェースダウンとなります。 ケーブル外れ、ノイズなどによる同期外れなどが原因として考えられま す。

  • PPインタフェース

    プロトコルによって変わります。

    • ISDN回線交換(PIAFSを含む)であれば呼が切断される時にインタフェー スダウンとなります。
    • 専用線、フレームリレーの場合は、物理インタフェースと同じ条件 となります。
    • PPPoEの場合には、PPPoEセッションが終了した時にインタフェース ダウンとなります。
[制御コマンド] snmp trap enable snmp linkdown (※1)
snmp trap send linkdown

linkUp

[送出契機] インタフェースがアップした場合
  • LANインタフェース(※4)

    LANケーブルが接続され、相手側の装置との接続が確認できた時にイン タフェースアップとなります。LANインタフェースが10/100M速度自動検 出モードになっている場合には、相手側の装置と速度のネゴシエーショ ンが完了した時がインタフェースアップです。

  • BRI/PRIインタフェース

    レイヤ1の状態がF7になった時にインタフェースアップとなります。

  • PPインタフェース

    プロトコルによって変わります。

    • ISDN回線交換(PIAFSを含む)であれば呼が接続された時にインタフェー スアップとなります。
    • 専用線、フレームリレーの場合は、物理インタフェースと同じ条件 となります。
    • PPPoEの場合は、DiscoveryステージからPPP Sessionステージに遷 移する時がインタフェースアップとなります。
[制御コマンド] snmp trap enable snmp linkup (※1)

authenticationFailure

[送出契機] 間違ったcommunity名を持つSNMPメッセージを受け取った時
[制御コマンド] snmp trap enable snmp authenticationfailure (※1)

egpNeighborLoss

[送出契機] このトラップを送出することはありません
[制御コマンド] なし

(※1) Rev.7.01.15以前のファームウェアでは、制御コ マンドは存在せず、常にトラップが送信されます。

(※2) Rev.7.01.15以前のファームウェアでは、"cold start"コマンド投入時およびファームウェアリビジョンアップ後の再起動直前 にcoldStartを送信します。

(※3) Rev.7.01.15以前のファームウェアでは"restart" コマンド投入直後にのみwarmStartを送出します。

(※4) RT100i、RT102i、RT103iおよびRT200iではハード ウェア的にインタフェースアップ、ダウンが検出できないため、LANインタフェー スに対するlinkUp、linkDownは送出されません。

(※5) Rev.7.01.15以前のファームウェアではsnmp enableauthentrapsコマンドとなります。


プライベートMIBで規定するトラップ

yrhMemoryUtilTrap

[送出契機] メモリ使用率がプライベートMIB変数yrhMemoryUtilTrapThresholdに設定 した値を越えた時
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] プライベートMIB変数yrhMemoryUtilTrapThresholdに0を設定するとトラップを送信しない
[対応機種] RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX2000, RTX1500, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX1000, RTX830, RTX810, RT300i, RT250i, RT107e, FWX120, SRT100, RTV700, NVR700W, NVR510, NVR500

yrhCpuUtilTrap

[送出契機] 5秒、1分、5分平均のCPU使用率がそれぞれプライベートMIB変数 yrhCpuUtil5secTrapThreshold、yrhCpuUtil1minTrapThreshold、 yrhCpuUtil5minTrapThresholdに設定した値を越えた時
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] プライベートMIB変数yrhCpuUtil5secTrapThreshold、 yrhCpuUtil1minTrapThreshold、yrhCpuUtil5minTrapThresholdのすべてに 0を設定するとトラップを送信しない
[対応機種] RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX2000, RTX1500, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX1000, RTX830, RTX810, RT300i, RT250i, RT107e, FWX120, SRT100, RTV700, NVR700W, NVR510, NVR500

yrhMultiCpuUtilTrap

[送出契機] 5秒、1分、5分平均のコアごとのCPU使用率がそれぞれプライベートMIB変数 yrhMultiCpuUtil5secTrapThreshold、yrhMultiCpuUtil1minTrapThreshold、 yrhMultiCpuUtil5minTrapThresholdに設定した値を越えた時
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] プライベートMIB変数yrhMultiCpuUtil5secTrapThreshold、 yrhMultiCpuUtil1minTrapThreshold、yrhMultiCpuUtil5minTrapThresholdのすべてに 0を設定するとトラップを送信しない
[対応機種] RTX5000, RTX3500, RTX830, NVR700W, NVR510

yrhSystemAlarmTrap

[送出契機] 本体のALARM LEDが点灯した時
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] プライベートMIB変数yrhEnableSystemAlarmTrapに1がセットされている時 だけトラップが送信される
[対応機種] RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX2000, RTX1210, RTX1200, RT300i, RT250i

yrfLoginTrap

[送出契機] コンソール、TELNET、リモートセットアップなどでルータにログイン、ロ グアウトした時
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] プライベートMIB変数yrfEnableLoginTrapに1がセットされている時だけト ラップが送信される
[対応機種] RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX2000, RTX1500, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX1000, RTX830, RTX810, RT300i, RT250i, RT107e, FWX120, SRT100, RTV700, NVR700W, NVR510, NVR500

yrIfIsdnStatusChange

[送出契機] ISDN回線の接続状態が変化した時
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] プライベートMIB変数enableYrIfIsdnStatusChangeに1がセットされている 時だけトラップが送信される
[対応機種] RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX1500, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX1000, RT300i, RT250i, RTV700, NVR500

yrIfPpLinkDown

[送出契機] PPインタフェースがダウンした時
  • ISDN回線交換(PIAFSを含む)であれば呼が切断される時にインタフェー スダウンとなります。
  • 専用線、フレームリレーの場合は、物理インタフェースと同じ条件 となります。
  • PPPoEの場合には、PPPoEセッションが終了した時にインタフェース ダウンとなります。
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] なし
[対応機種] RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX2000, RTX1500, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX1000, RTX830, RTX810, RT300i, RT250i, RT107e, FWX120, SRT100, RTV700, NVR700W, NVR510, NVR500

yrIfPpLinkUp

[送出契機] PPインタフェースがアップした時
  • ISDN回線交換(PIAFSを含む)であれば呼が接続された時にインタフェー スアップとなります。
  • 専用線、フレームリレーの場合は、物理インタフェースと同じ条件 となります。
  • PPPoEの場合は、DiscoveryステージからPPP Sessionステージに遷 移する時がインタフェースアップとなります。
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] なし
[対応機種] RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX2000, RTX1500, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX1000, RTX830, RTX810, RT300i, RT250i, RT107e, FWX120, SRT100, RTV700, NVR700W, NVR510, NVR500

yrIfPpUtilTrap

[送出契機] PPインタフェースの回線使用率がプライベートMIB変数 yrIfPpInUtilThreshold、yrIfPpOutUtilThresholdを越えた時
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] プライベートMIB変数yrIfPpInUtilThreshold、yrIfPpOutUtilThreshold
[対応機種] RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX2000, RTX1500, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX1000, RTX830, RTX810, RT300i, RT250i, RT107e, FWX120, SRT100, RTV700, NVR700W, NVR510, NVR500

yrIfTunnelLinkDown

[送出契機] トンネルインタフェースがダウンした時
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] なし
[対応機種] RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX2000, RTX1500, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX1000, RTX830, RTX810, RT300i, RT107e, FWX120, SRT100, RTV700, NVR700W, NVR510, NVR500

yrIfTunnelLinkUp

[送出契機] トンネルインタフェースがアップした時
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] なし
[対応機種] RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX2000, RTX1500, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX1000, RTX830, RTX810, RT300i, RT107e, FWX120, SRT100, RTV700, NVR700W, NVR510, NVR500

yrIfPpAnonymousLinkDownWithUsername

[送出契機] PP Anonymousインタフェースがダウンした時
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] なし
[対応機種] RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX1500, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX1000, RTX830, RTX810, RT300i, RT250i, RTV700, NVR700W, NVR510, NVR500

yrIfPpAnonymosuLinkUpWithUsername

[送出契機] PP Anonymousインタフェースがアップした時
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] なし
[対応機種] RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX1500, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX1000, RTX830, RTX810, RT300i, RT250i, RTV700, NVR700W, NVR510, NVR500

yrIfMobileStatusTrap

[送出契機] ルータが電波強度を取得し、トラップ送出条件に一致した時(※9)
[制御コマンド] snmp trap mobile signal-strength
トラップには以下の情報が含まれます。
  • yrIfMobileIndex
    インターフェースのインデックスです。
  • yrIfMobileAntennaLevel
    トラップ送信対象電波のアンテナ本数(0-3)です。
    圏外の場合は-1となります。
  • yrIfMobileDbm
    トラップ送信対象電波のdBm値です。
    圏外の場合は1、dBm表示ができない場合は2となります。
  • yrIfMobileSignalQuality
    トラップ送信対象電波の信号品質です。
    圏外の場合は-1、信号品質が取得できなかった場合は-2となります。
[制御MIB変数] なし
[対応機種] RTX1210, RTX1200, RTX830, RTX810, FWX120, NVR700W, NVR510, NVR500

yrIpKeepaliveDownTrap

[送出契機] IP キープアライブがダウンした時(※6)
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] なし
[対応機種] RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX2000, RTX1500, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX1000, RTX830, RTX810, RT250i, RT107e, FWX120, SRT100, RTV700, NVR700W, NVR510, NVR500

yrIpKeepaliveUpTrap

[送出契機] IP キープアライブがダウンした時(※6)
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] なし
[対応機種] RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX2000, RTX1500, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX1000, RTX830, RTX810, RT250i, RT107e, FWX120, SRT100, RTV700, NVR700W, NVR510, NVR500

yrIpHeartBeatTrap

[送出契機] 指定した期間に生存通知がない時(※7)
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] なし
[対応機種] RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX1500, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX830, RTX810, RT107e, FWX120, SRT100, NVR700W

yrIpHeartBeat2Trap

[送出契機] 指定した期間に生存通知がない時(※8)
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] なし
[対応機種] RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX1500, RTX1210, RTX1200, RTX1100, RTX830, RTX810, RT107e, FWX120, SRT100, NVR700W

yrSwFindSwitch

[送出契機] スイッチが監視下に入った時(※10)
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] なし
[対応機種] RTX1210, RTX1200, RTX830, RTX810, FWX120, NVR700W, NVR510, NVR500

yrSwDetectDown

[送出契機] スイッチが監視下から外れた時(※10)
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] なし
[対応機種] RTX1210, RTX1200, RTX830, RTX810, FWX120, NVR700W, NVR510, NVR500

yrSwFanLock

[送出契機] スイッチにファン異常が発生した時(※10)
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] なし
[対応機種] RTX1210, RTX1200, RTX830, RTX810, FWX120, NVR700W, NVR510, NVR500

yrSwOverSupply

[送出契機] スイッチの給電能力を超えた時(※11)
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] なし
[対応機種] RTX1210, RTX1200, RTX830, RTX810, FWX120, NVR700W, NVR510, NVR500

yrSwOverTemp

[送出契機] スイッチの内部温度が異常に上昇した時(※11)
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] なし
[対応機種] RTX1210, RTX1200, RTX830, RTX810, FWX120, NVR700W, NVR510, NVR500

yrSwPowerFailure

[送出契機] スイッチのPoE給電用電源が故障した時(※11)
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] なし
[対応機種] RTX1210, RTX1200, RTX830, RTX810, FWX120, NVR700W, NVR510, NVR500

yrSwLoopDetectPort

[送出契機] スイッチがループ検出をした時(※10)
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] なし
[対応機種] RTX1210, RTX1200, RTX830, RTX810, FWX120, NVR700W, NVR510, NVR500

yrSwPoeSupplyPort

[送出契機] スイッチが給電を開始した時(※11)
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] なし
[対応機種] RTX1210, RTX1200, RTX830, RTX810, FWX120, NVR700W, NVR510, NVR500

yrSwPoeTerminatePort

[送出契機] スイッチが給電を停止した時(※11)
[制御コマンド] なし
[制御MIB変数] なし
[対応機種] RTX1210, RTX1200, RTX830, RTX810, FWX120, NVR700W, NVR510, NVR500

(※6) RTX1000は、Rev.7.01.04以降で使用可能です。
RTX2000は、Rev.7.01.17以降で使用可能です。
(※7) RT107e, RTX1100, RTX1500は、Rev.8.03.60以降で使用可能です。
RTX3000は、Rev.9.00.31以降で使用可能です。
(※8) RT107e, RTX1100, RTX1500は、Rev.8.03.80以降で使用可能です。
RTX3000は、Rev.9.00.43以降で使用可能です。
SRT100は、Rev.10.00.46以降で使用可能です。
RTX1200は、Rev.10.01.16以降で使用可能です。
(※9) RTX1200は、Rev.10.01.29以降で使用可能です。
NVR500は、Rev.11.00.16以降で使用可能です。
(※10) RTX1200は、Rev.10.01.29以降で使用可能です。
NVR500は、Rev.11.00.13以降で使用可能です。
(※11) RTX810、Rev.11.01.19以降で使用可能です。
NVR500は、Rev.11.00.23以降で使用可能です。
RTX1200は、Rev.10.01.48以降で使用可能です。
[ FAQ for RT-Series / FAQ for SNMP ]