WLX402 無線ログ収集機能

$Date: 2016/12/15 07:42:40 $

  1. 概要
  2. 注意事項
  3. ファームウェアリビジョン
  4. 用語定義
  5. 詳細
  6. コマンド
  7. 設定・操作方法
  8. SYSLOGメッセージ一覧
  9. 関連情報

1. 概要

無線LANコントローラー機能において、本製品をController-APとして設定しているとき、自身とグループ内制御下にあるMember-APの無線に関するログを一括収集することができます。
本機能を利用することで、個別にMember-APのログを見るのではなく、例えば設置しているフロア単位でまとめてログを見ることにより、無線端末がAP間をローミングしていく様子を確認できるなど、総合的な解析をすることができます。


2. 注意事項


3. ファームウェアリビジョン

以下のファームウェアで、無線ログ収集機能をサポートしています。(Controller-APとして使用するとき)

機種 ファームウェア
WLX402 Rev.17.00.05以降

また、Member-APとしてサポートする機種とファームウェアは、以下の通りです。

機種 ファームウェア
WLX402 Rev.17.00.05以降
WLX202 Rev.16.00.08以降
WLX302 Rev.12.00.19以降

4. 用語定義

Controller-AP

Member-APを制御するアクセスポイントです。無線LANコントローラー機能を動作させるアクセスポイントがこれに当たります。

Member-AP

Controller-APによって制御されるアクセスポイントです。

グループ
Controller-APとController-APに制御させるMember-APを合わせてグループと呼びます。管理はグループ単位で行います。
1台のController-APが管理できるグループは1つです。
ただし同一セグメント内に複数グループが存在できます。


5. 詳細

5.1 事前準備

本機能を使用するには無線LANコントローラー機能でコントローラーの設定とグループの設定を行っておく必要があります。
Controller-APのIPアドレスは、DHCPではなく固定のIPアドレスを設定し、ログ収集用ポート番号は、Controller-APとMember-APで同じ値を設定します。
Controller-APは、設定したグループ内のAPに対してのみ、ログ収集を行います。
無線ログの収集を行うためには予め、Controller-APにUSBメモリーを接続しておく必要があります。
USBメモリーは本体には同梱されていませんので、市販品をご用意ください。
使用できるUSBメモリーについては、こちらのページに詳細が記載してありますのでご確認ください。
本製品へのUSBメモリーの着脱は、電源がOFFの状態で行うようにしてください。

5.2 無線ログの収集

Controller-APのWeb設定画面、またはコンソールからのコマンド実行でログの収集を行います。
Web設定画面からは [集中管理] - [無線ログ収集] の"ログ収集"欄で「開始する」ボタンをクリックします。
コンソールから wlan-controller log collect コマンドを実行します。、
Controller-APは、自身を含む全てのMember-APに対してログを収集し、接続しているUSBメモリーにログファイルとして保存します。
収集したログファイルは、USBメモリーの"LOG"ディレクトリの配下に保存します。
ログを収集する際、USBメモリーの空き容量が不足している場合は、古いログファイルを削除してからログの収集を行います。

log collection

5.3 無線ログの参照

USBメモリーに保存されたログファイルは、Controller-APのWeb設定画面で表示することができます。
Web設定画面の [集中管理] - [無線ログ収集] の"ログの参照"欄で「ログ選択」ボタンをクリックすると、収集したログファイル一覧が表示されます。
(USBメモリーが接続されていないときは"ログはありません"と表示されます。)
ログファイルは、ファイル名がログ取得日時になっており、ファイル名から求められる日付が"2016-12-07 11:53:23"という形式で表示されます。
ログファイルは、月ごとのフォルダに分類されます。
ファイルを選択し「参照」ボタンをクリックすると、ログが表示されます。また「削除」ボタンをクリックすると該当ファイルが削除されます。


6. コマンド


7. 設定・操作方法

以下、APの操作はController-APのWeb設定画面で行います。

7.1 コントローラー設定

Web設定画面の[基本設定] - [コントローラー設定] で役割を"Controller-AP"に設定します。
ここで設定するログ収集用ポート番号は、Member-APにも同じ値を設定します。
port_number

7.2 グループ設定

グループとして扱うMember-APの定義を行います。 設定方法は、WLX402 無線LANコントローラー機能の設定・操作方法を参照してください。
グループ設定が完了したら必ず "設定送信" を行ってください。

7.2 無線ログ収集

Web設定画面の[集中管理] - [無線ログ収集]で "ログの収集" 欄の「開始する」ボタンをクリックすると、収集対象となるAP一覧が表示されます。
port_number
1) ログ収集の実行

「実行」ボタンをクリックするとログが収集されます。

Execute log collection

USBメモリーが接続されていない場合は、保存領域がないのでログを収集することはできなくなります。

Cannot collect

2) ログの収集中

ログの収集中はしばらくお待ちください。(ログ収集にかかる時間は最大2分です)

Log collecting

3) ログ収集の完了

ログを収集して、USBメモリーへ保存すると、完了が通知されます。
括弧内は収集日時です。

Complete collect

 

エラーの場合は、以下のように表示されます。

Error collect

7.3 ログの参照

Web設定画面の [集中管理] - [無線ログ収集] で "ログの参照" 欄の「ログ選択」ボタンををクリックすると、収集したログファイルを収めた月別のフォルダが表示されます。
月別のフォルダをダブルクリックする、またはフォルダの分岐ポイントをクリックすると、ログファイル一覧が表示されます。
ログを参照する場合は、該当ファイルを選択して「参照」ボタンをクリックしてください。
ログを削除する場合は、該当ファイルを選択して「削除」ボタンをクリックしてください。

Read_log_list

7.4 ログの参照 画面の説明

Reference_log
① ログのフィルタリング

以下の4点でログをフィルタリングすることができます。

A), B)のリストボックスには、ログに含まれるAP/STAのMACアドレス一覧が表示され、 選択することによって、ログを絞り込むことができます。

MAC_Address_select

C)をクリックすると、ダイアログボックスが開き、期間を指定できます。

Term

D)でメッセージに含まれる文字列を指定することによってログを絞り込むことができます。

② 無線ログ本体

無線のログのみ参照できます。
具体的には、以下の項目のSyslogのみを対象とします。

③ ページ送り/戻し

ログは1ページにつき30エントリーが表示されます。
最初に開いたときは1ページ目が表示され、2ページ目以降を表示させるには、三角ボタンをクリックして、ページを進めるか、
テキストボックスに「2」と入力、ページを指定することによって、所望のページのログを参照することができます。

④ 収集したログのエクスポート

収集したログを、CSV形式でエクスポートすることができます。
エクスポートしたファイルは、フィルタは適用されず、すべての無線ログが出力されます。

⑤ 画面の最大化

ログの表示画面をWebブラウザの表示領域にまで広げます。
ログのメッセージが折り返されて見にくい場合にクリックします。


8. SYSLOGメッセージ一覧

本機能において出力されるSYSLOGメッセージを以下に示します。

  • サービルの開始/停止
  • レベル 出力メッセージ 説明
    INFO Start|Stop log server(port:ポート番号) ログサーバーを開始/停止した
    INFO Stop log Client(port:ポート番号) ログクライアント停止した

  • 接続の確立/ネゴシエーション
  • レベル 出力メッセージ 説明
    DEBUG MACアドレス : Log connection established. Member-APとログ収集用の接続が確立した。
    DEBUG MACアドレス : Log connection negotiated. Member-APとネゴシエーションが行われた。
    INFO Over max log connection.(IPアドレス) Member-APとの接続数が上限を超えたため、接続を拒否した。
    INFO Log connection is deny.(IPアドレス) Member-APでない為、接続を拒否した。
    INFO MACアドレス: Log connection is deny for unregistered. Member-APが未登録の為、接続を拒否した。
    INFO MACアドレス: Log negotiation is deny. Member-APとのネゴシエーションを拒否した。
    DEBUG MACアドレス : Log connection closed. CODE:数字 Member-APとの接続を閉じた。
    DEBUG Try establish log connection IPアドレス:ポート番号 Controller-APへの接続を試みた。
    DEBUG Log connection established for controller-ap. Controller-APとの接続が確立した。
    DEBUG Log connection closed. CODE:数字 ログ収集用の接続が閉じられた。

  • プロトコル
  • レベル 出力メッセージ 説明
    DEBUG MACアドレス : Invalid Header 受信パケットのヘッダが不正。
    DEBUG MACアドレス : Invalid Payload 受信パケットのデータが不正。
    DEBUG MACアドレス : Invalid Identifer 受信パケットのIdentiferが不正。
    DEBUG MACアドレス : Invalid Packet(NEGO_ACK) Negotiate時の受信パケットのACKビットが不正。
    DEBUG MACアドレス : Invalid Packet(XXX) ログ転送時の受信パケットのACKビットが不正。
    INFO Receive from MACアドレス : エラー番号に応じたメッセージ
    Receive from MACアドレス : ERROR(エラー番号)
    対向APからエラーが通知された。

  • ログの収集
  • レベル 出力メッセージ 説明
    DEBUG MACアドレス : Collected airlinklog Member-APから無線ログを収集した。
    DEBUG Collected airlinklog for member-ap (MACアドレス) Member-APから無線ログを収集した。
    INFO Save log collected to USB-memory (日付) 収集したログをUSBメモリーに保存した。
    INFO Cannnot save log collected to USB-memory. 収集したログをUSBメモリーに保存できなかった。
    INFO Log DB Cannot opened ログDBがオープンできなかった。
    DEBUG cleanup log from A until B 空き容量が不足していたので、古いログ(AからBまで)を削除した。
    DEBUG Send airlinklog to controller-ap 無線ログをController-APに送信した。

    9. 関連情報


    [EOF]