WLX402 LAN-無線連動機能

$Date: 2017/04/10 09:42:26 $

  1. 概要
  2. 注意事項
  3. 対応機種とファームウェアリビジョン
  4. 詳細
  5. コマンド
  6. 設定・操作方法
  7. 設定例
  8. SYSLOGメッセージ一覧

1. 概要

LAN-無線連動機能は、本製品のLAN側で障害が発生したことを検出し、障害発生中は無線を停止する機能です。
無線を停止した後、LAN側の障害が復旧した場合には本製品の無線を再び有効にします。


2. 注意事項


3. 対応機種とファームウェアリビジョン

以下の機種およびファームウェアで、本機能をサポートしています。

機種 ファームウェア
WLX402 Rev.17.00.08以降

4. 詳細

4.1 基本動作

本機能を有効にしたとき、指定されたIPアドレスに対しICMP Echo Requestによる疎通確認を行い、LAN側に障害が発生しているかどうかの判断を行います。
障害が発生したと判断したとき、無線に接続している端末をすべて切断して、無線を無効化します。
障害が発生している状態で、障害が復旧したと判断したとき、無線を元の状態に戻します。
これらの処理は、本機能を無効にするまで定期的に行い続けます。
また、本機能によって無線が無効化されている状態で本機能を無効にした場合は、LAN側の障害に関係なく無線を元の状態に戻します。

平常時: 疎通を確認できれば、無線は有効な状態を維持する
平常時

異常時: 疎通を確認できなければ、無線を無効化して無線端末が接続できないようにする
異常時

以下の条件を満たしていない場合、本機能を有効にしてもICMP Echo Requestによる疎通確認および無線の無効化は動作しません。

ネットワークに関わる設定を変更したときには本機能は一時的に停止し、設定完了後にLAN側の監視を再開します。
このとき、LAN-無線連動機能の状態はすべてリセットされます。
無線を使用し、かつ設定変更前に本機能によって無線が停止されていたとしても、設定変更後には無線が有効になり、LAN側の監視は最初からやり直しになります。
リセットがかかる機能については、本機能をリセットする機能一覧を参照してください。

本機能によって無線LANが無効化されている間は、2.4GHzおよび5GHzのLEDが同時に500ms間隔で点滅します。(点灯500ms, 消灯500msを繰り返し)
片方のみ使用している場合でも両方同時に点滅しますが、どちらも使用していない場合は点滅しません。

4.2 障害ありと判断する条件

設定したIPアドレスに対してICMP Echo Requestを一定間隔で送信し、設定された回数分連続でReplyを得られなかった場合に、障害ありと判断します。

Replyを得られないと判断するタイムアウト時間は3秒です。
ただし、Requestの送信間隔が3秒未満の場合は、タイムアウト時間はRequestの送信間隔と同じになります。

4.3 障害なしと判断する条件

ICMP Echo Requestに対するReplyが得られたときに、障害なしと判断します。
障害ありと判断する回数の設定には依存せず、1回受信すれば障害なしとなります。

4.4 本機能をリセットする機能一覧

LAN、VLAN、無線、IPアドレスやデフォルトゲートウェイなどネットワークに関わる設定を変更したとき、
またはコンフィグ全体を書き換えるような機能を使用したときに、本機能は一時的に停止します。


5. コマンド


6. 設定・操作方法

[基本設定] - [LANポート設定] - [LAN-無線 連動機能]

IPアドレスの設定とともに、本機能の設定をすることが可能です。

[基本設定] - [LANポート設定] - [LAN-無線 連動機能]

[基本設定] - [LANポート設定] - [設定内容の確認]

[基本設定] - [LANポート設定] にて「設定」ボタンを押すと、本ページが表示されて設定内容の確認を行うことができます。
ここで「設定」ボタンを押すことで、実際に設定されます。

[基本設定] - [LANポート設定] - [設定内容の確認]


7. 設定例

[LAN-無線連動機能の設定]

■宛先が固定IPアドレスのとき
vlan-port-mode lan1:1 hybrid
vlan-id 1 1
vlan-access lan1:1 1
ip vlan-id 1 address 192.168.100.240/24                              # ... (1)
airlink ip track 1 icmp-echo 5 3 192.168.100.10 log=on length=128    # ... (2)
airlink select module1
 airlink mode 11b+g+n
 airlink channel 1
airlink enable module1
airlink select module2
 airlink mode 11a+n+ac
 airlink channel auto bandwidth=80 primary=lower
airlink enable module2
airlink select 1
 airlink ssid wlx402_sample
 airlink dhcp on
 airlink vlan-id 1
 airlink bind module1 module2
 airlink auth wpa2-psk aes
 airlink psk-key wlx402_sample
airlink enable 1
certificate generate ca "WLX402 RADIUS"
schedule at 1 startup * ntpdate 192.168.100.254 syslog
wlan-controller role controller-ap
wlan-controller select 1
 airlink select module1
  airlink mode 11b+g+n
  airlink channel 1
 airlink enable module1
 airlink select module2
  airlink mode 11a+n+ac
  airlink channel auto bandwidth=80 primary=lower
 airlink enable module2
 airlink select 1
  airlink ssid wlx402_sample
  airlink dhcp on
  airlink vlan-id 1
  airlink bind module1 module2
  airlink auth wpa2-psk aes
  airlink psk-key wlx402_sample
 airlink enable 1
wlan-controller select 1 1
 wlan-controller member-ap 00:a0:de:xx:xx:xx
■宛先がデフォルトゲートウェイのとき
ip route default gateway 192.168.100.254                             # ... (3)
vlan-port-mode lan1:1 hybrid
vlan-id 1 1
vlan-access lan1:1 1
ip vlan-id 1 address 192.168.100.240/24                              # ... (1)
airlink ip track 1 icmp-echo 5 3 gateway log=on length=128           # ... (4)
airlink select module1
 airlink mode 11b+g+n
 airlink channel 1
airlink enable module1
airlink select module2
 airlink mode 11a+n+ac
 airlink channel auto bandwidth=80 primary=lower
airlink enable module2
airlink select 1
 airlink ssid wlx402_sample
 airlink dhcp on
 airlink vlan-id 1
 airlink bind module1 module2
 airlink auth wpa2-psk aes
 airlink psk-key wlx402_sample
airlink enable 1
dns server 192.168.100.254
certificate generate ca "WLX402 RADIUS"
schedule at 1 startup * ntpdate 192.168.100.254 syslog
wlan-controller role controller-ap
wlan-controller select 1
 airlink select module1
  airlink mode 11b+g+n
  airlink channel 1
 airlink enable module1
 airlink select module2
  airlink mode 11a+n+ac
  airlink channel auto bandwidth=80 primary=lower
 airlink enable module2
 airlink select 1
  airlink ssid wlx402_sample
  airlink dhcp on
  airlink vlan-id 1
  airlink bind module1 module2
  airlink auth wpa2-psk aes
  airlink psk-key wlx402_sample
 airlink enable 1
wlan-controller select 1 1
 wlan-controller member-ap 00:a0:de:xx:xx:xx
■IPアドレスにDHCPを使用し、宛先がデフォルトゲートウェイのとき
ip route default gateway dhcp                                        # ... (6)
vlan-port-mode lan1:1 hybrid
vlan-id 1 1
vlan-access lan1:1 1
ip vlan-id 1 address dhcp                                            # ... (5)
airlink ip track 1 icmp-echo 5 3 gateway log=on length=128           # ... (4)
airlink select module1
 airlink mode 11b+g+n
 airlink channel 1
airlink enable module1
airlink select module2
 airlink mode 11a+n+ac
 airlink channel auto bandwidth=80 primary=lower
airlink enable module2
airlink select 1
 airlink ssid wlx402_sample
 airlink dhcp on
 airlink vlan-id 1
 airlink bind module1 module2
 airlink auth wpa2-psk aes
 airlink psk-key wlx402_sample
airlink enable 1
dns server dhcp
certificate generate ca "WLX402 RADIUS"
schedule at 1 startup * ntpdate 192.168.100.254 syslog
wlan-controller role controller-ap
wlan-controller select 1
 airlink select module1
  airlink mode 11b+g+n
  airlink channel 1
 airlink enable module1
 airlink select module2
  airlink mode 11a+n+ac
  airlink channel auto bandwidth=80 primary=lower
 airlink enable module2
 airlink select 1
  airlink ssid wlx402_sample
  airlink dhcp on
  airlink vlan-id 1
  airlink bind module1 module2
  airlink auth wpa2-psk aes
  airlink psk-key wlx402_sample
 airlink enable 1
wlan-controller select 1 1
 wlan-controller member-ap 00:a0:de:xx:xx:xx

[解説]

(1) IPアドレスを設定します。
(2) ICMP Echo Requestの宛先は固定IPアドレスです。
(3) デフォルトゲートウェイのIPアドレスを設定します。
(4) ICMP Echo Requestの宛先はデフォルトゲートウェイです。
(5) IPアドレスはDHCPから取得したアドレスを使用します。
(6) デフォルトゲートウェイはDHCPサーバーから取得したアドレスを使用します。


8. SYSLOGメッセージ一覧

本機能において出力されるSYSLOGメッセージを以下に示します。
出力されるメッセージには"[KEEPALIVE]"というプレフィックスが付加されます。
ログメッセージ内の識別番号は、airlink ip trackコマンドで指定する番号です。

レベル出力メッセージ意味
INFODisable Wireless LAN.無線LANを無効にした。
INFOEnable Wireless LAN.無線LANを有効にした。
INFO<識別番号>: unreachable Echo Request to <IPアドレス>.IPアドレスに対して到達性がないと判断した。
INFO<識別番号>: reachable Echo Request to <IPアドレス>.IPアドレスに対して到達性があると判断した。
INFO<識別番号>: Not found IP address.IPアドレスまたはVLANが正しく設定されていない。
INFO<識別番号>: Not found default gateway.デフォルトゲートウェイが設定されていない。
INFO<識別番号>: Not found default gateway in DHCP lease information.DHCPのリース情報にデフォルトゲートウェイが含まれていない。
INFO<識別番号>: Target IP address <IPアドレス> cannot be used.このIPアドレスは宛先として使用できない。
DEBUG<識別番号>: SEND Echo Request to <IPアドレス>.IPアドレスに対してICMP Echo Requestを送信した。
DEBUG<識別番号>: RECV Echo Reply from <IPアドレス>.IPアドレスからICMP Echo Replyを受信した。

[EOF]