WLX402 最適AP選択機能

$Date: 2017/11/28 06:41:17 $

  1. 概要
  2. 注意事項
  3. 対応機種とファームウェアリビジョン
  4. 用語定義
  5. 詳細
  6. コマンド
  7. 設定・操作方法
  8. SYSLOGメッセージ一覧

1. 概要

本機能は無線端末を最適なAPに接続させる機能です。
最適なAPとは、信号強度と接続端末数のどちらかを基準に選択します。

信号強度を基準に選んだ場合、無線端末が電波の弱い遠くのAPに接続してしまうことを防ぎ、無線ネットワーク全体のパフォーマンス向上を図ります。
本機能ではAPが無線端末から受信したProbe Requestフレームの信号強度を確認し、最適に通信できる信号強度のProbe Requestを受信したAPのみが無線端末にProbe Responseを返すことで、無線端末を常に電波の強いAPに接続させるように誘導します。

また接続端末数を基準に選んだ場合は、各APに接続する端末数を分散し、無線ネットワーク全体のパフォーマンス向上を図ります。


2. 注意事項


3. 対応機種とファームウェアリビジョン

以下の機種およびファームウェアで、最適AP選択機能をサポートしています。

機種 振り分けポリシー ファームウェア
WLX402 信号強度 Rev.17.00.05以降
接続端末数 Rev.17.00.09以降


4. 用語定義

Controller-AP
Member-APを制御するアクセスポイント。無線LANコントローラー機能を動作させるアクセスポイントがこれに当たります。
Member-AP
Controller-APによって制御されるアクセスポイント
グループ
Controller-APとController-APに制御されるMember-APを合わせてグループと呼びます。管理はグループ単位で行います。
1台のController-APが管理できるグループは一つです。
ただし同一セグメント内に複数グループが存在することができます。
50台以上のAPを制御したい場合は、Controller-APを複数設定してください。

5. 詳細

システム構成

本機能に関連するシステム上の機器と主な役割は以下の通りです。

動作例

(1) 「信号強度」ポリシーにおける動作例

(2) 「接続端末数」ポリシーにおける動作例

その他


6. コマンド


7. 設定・操作方法(GUI)

[グループ設定] - [グループ 1] - [無線設定] - [2.4GHz 詳細] - 「最適AP選択」

グループの2.4GHzの最適AP選択機能の設定をすることが可能です。
設定された内容は[グループ設定] - [グループ 1] - [設定送信]ページで設定を送信した際に、初めて各APに適用されます。

役割がMember-APである場合、本ページは表示されません。

[無線コントローラー] - [AP情報設定](コントローラー)

[グループ設定] - [グループ 1] - [無線設定] - [5GHz 詳細] -「最適AP選択」

グループの5GHzの最適AP選択機能の設定をすることが可能です。
設定された内容は[グループ設定] - [グループ 1] - [設定送信]ページで設定を送信した際に、初めて各APに適用されます。

役割がMember-APである場合、本ページは表示されません。

[無線コントローラー] - [AP情報設定](コントローラー)


8. SYSLOGメッセージ

本機能において出力されるSYSLOGメッセージは以下の通りです。

Controller-APで出力されるメッセージには、"[BSAP-MANAGER]"と"[BSAP-AGENT]"というプレフィックスが付加されます。
Member-APで出力されるメッセージには、"[BSAP-AGENT]"というプレフィックスが付加されます。

レベル 出力メッセージ 説明
DEBUG failed to accept a connection. AP間通信メッセージの受信に失敗した。
DEBUG failed to recv message. AP間通信メッセージの受信に失敗した。
DEBUG failed to parse message. 不明なAP間通信メッセージを受信した。


[EOF]