WLX402 自動セルリカバリー機能

$Date: 2017/11/28 00:04:09 $

  1. 概要
  2. 注意事項
  3. 対応機種とファームウェアリビジョン
  4. 用語定義
  5. 詳細
  6. コマンド
  7. 設定・操作方法
  8. 設定例
  9. SYSLOGメッセージ一覧

1. 概要

本機能は、グループに複数のMember-APがある環境において、あるAPが動作を停止した場合に
近くのMember-APが自動的に無線の送信出力を最大に変更することによって、
停止したAPがカバーしていた無線通信エリアを他のAPでカバーする機能です。


2. 注意事項


3. 対応機種とファームウェアリビジョン

WLX402では、Controller-APとして以下のファームウェアで本機能をサポートしています。

機種 ファームウェア
WLX402 Rev.17.00.09以降

また、本機能でMember-APとしてサポートするWLXシリーズとファームウェアは、以下のとおりです。

機種 ファームウェア
WLX402 Rev.17.00.05以降
WLX202 Rev.16.00.08以降
WLX302 Rev.12.00.19以降

4. 用語定義

サポートAP
あるMember-APが動作を停止したときに、そのMember-APの無線通信エリアをカバーするために送信出力を最大にするMember-APです。
リカバリ対象AP
サポートAPによって無線通信エリアをカバーする対象となる、動作を停止したMember-APです。
接続状態
Web設定画面の[グループ設定]-[グループ 1]-[AP情報表示]の「システム情報」で参照できる項目です。
各Member-APがController-APによって検出されているかどうかを表します。
検出されていれば「OK」、未検出であれば「NG」となります。

5. 詳細

5.1 基本動作

Controller-APが起動してから、またはController-AP自身に対しての設定送信を終えてから10分後に、
Member-APの接続状態の監視を始めます。

Controller-APとMember-APの接続状態がOKからNGになってから一定時間経過したとき、サポートAPの無線の送信出力を最大に変更します。
サポートAPはあらかじめ設定しておく必要があります。

本機能によって送信出力が上がっているサポートAPに対して設定送信したとき、送信出力は設定値どおりに戻ります。

5.2 動作条件

Member-APが動作を停止したと判断し、本機能によってサポートAPの送信出力を最大にするためには、以下の条件をすべて満たす必要があります。

5.3 動作例

  1. 通常状態
    動作例1
    • Member-APが3台 (Member-AP(1)、Member-AP(2)、Member-AP(3))
    • それぞれの送信出力は5に設定しておきます。
    • Member-AP(3)のサポートAPはMember-AP(1)、Member-AP(2)とします。
  2. Member-APが停止
    動作例2
    • Member-AP(3)が動作を停止した場合、Controller-APがそれを検知します。
    • Controller-APはMember-AP(3)のサポートAPとして設定されているMember-APに対し、送信出力を最大にする命令を送ります。
  3. サポートAPが無線エリアをカバー
    動作例3
    • Member-AP(1)、Member-AP(2)が送信出力を上げることにより、Member-AP(3)がカバーしていた無線エリアをカバーします。


6. コマンド


7. 設定・操作方法

[グループ設定] - [グループ 1] - [無線設定] - [セルリカバリーAP設定]

[グループ設定] - [グループ 1] - [無線設定] - [セルリカバリーAP設定]
自動セルリカバリー設定
自動セルリカバリーを有効にする無線モジュール
2.4GHz, 5GHzの各無線モジュールで自動セルリカバリー機能を使用するか否かを設定します。
サポートAP情報
自動設定
見える化APマップでAPの配置が完了している場合、「自動選択」ボタンが有効になります。
AP配置で同一フロア内にある最も近い3台のAPをサポートAPに選出します。
(設定は行いません。設定するためには自動選択後に「設定」ボタンを押す必要があります。)
手動設定
サポートAP (1)〜(3)で、リカバリー対象APをサポートするAPを選択できます。
3台すべてを「使用しない」とした場合は、そのMember-APに対してはサポートAPを設定しません。
表示
リスト表示するMember-APの条件を「フィルタ」ボタン左側に設定してボタンを押すと、条件に合致するMember-APが表示されます。
フィルタを何も設定していない状態ではすべてのMember-APが表示対象となります。
一度に表示するAPの台数は、全件表示のチェックボックスがチェックなしの状態では20件ずつ、チェックありの状態ではすべて表示します。
(設定するときはフィルタや全件表示は関係なく、すべてのMember-APのサポートAP設定が適用されます)

サポートAPの選択方法


7. 設定例

[設定]

■Controller-AP
ip route default gateway 192.168.100.254
vlan-port-mode lan1:1 hybrid
vlan-port-mode lan1:2 trunk
vlan-id 1 1
vlan-access lan1:1 1
ip vlan-id 1 address 192.168.100.240/24
airlink select module1
 airlink mode 11b+g+n
 airlink channel 1
 airlink transmit power level 5
airlink enable module1
airlink select module2
 airlink mode 11a+n+ac
 airlink channel auto bandwidth=80 primary=lower primary40=lower
 airlink channel range 36 52 100
 airlink channel range dfs 36
 airlink transmit power level 5
airlink enable module2
airlink select 1
 airlink ssid wlx402_sample
 airlink dhcp on
 airlink vlan-id 1
 airlink bind module1 module2
 airlink auth open none
 airlink pmf off
airlink enable 1
dns server 192.168.100.254
certificate generate ca "WLX402 RADIUS"
schedule at 1 startup * ntpdate 192.168.100.254 syslog
schedule at 2 startup airlink module2 airlink channel change station-none exclude=none
wlan-controller role controller-ap
wlan-controller bind vlan auto
wlan-controller select 1
 airlink select module1
  airlink mode 11b+g+n
  airlink channel 1
  airlink transmit power level 5                                                          # ... (2)
  airlink auto-cell-recover use on                                                        # ... (1)
 airlink enable module1
 airlink select module2
  airlink mode 11a+n+ac
  airlink channel auto bandwidth=80 primary=lower primary40=lower
  airlink channel range 36 52 100
  airlink channel range dfs 36
  airlink transmit power level 5                                                          # ... (2)
  airlink auto-cell-recover use on                                                        # ... (1)
 airlink enable module2
 airlink select 1
  airlink ssid wlx402_sample
  airlink dhcp on
  airlink vlan-id 1
  airlink bind module1 module2
  airlink auth open none
  airlink pmf off
 airlink enable 1
wlan-controller select 1 1
 wlan-controller member-ap 00:a0:de:xx:xx:xx
 wlan-controller auto-cell-recover support-ap 2 3                                         # ... (3)
wlan-controller select 1 2
 wlan-controller member-ap 00:a0:de:yy:yy:yy
 wlan-controller system name WLX402_BBBBBBBBBB
 wlan-controller substitute controller-ap auto-switch=on                                  # ... (4)
 wlan-controller ip address 192.168.100.241/24
 wlan-controller auto-cell-recover support-ap 1 3                                         # ... (3)
wlan-controller select 1 3
 wlan-controller member-ap 00:a0:de:zz:zz:zz
 wlan-controller system name WLX402_CCCCCCCCCC
 wlan-controller ip address 192.168.100.242/24
 wlan-controller auto-cell-recover support-ap 1 2                                         # ... (3)
■代替Controller-AP
system name WLX402_BBBBBBBBBB
ip route default gateway 192.168.100.254
vlan-port-mode lan1:1 hybrid
vlan-port-mode lan1:2 trunk
vlan-id 1 1
vlan-access lan1:1 1
ip vlan-id 1 address 192.168.100.241/24
airlink select module1
 airlink mode 11b+g+n
 airlink channel 1
 airlink transmit power level 5
airlink enable module1
airlink select module2
 airlink mode 11a+n+ac
 airlink channel auto bandwidth=80 primary=lower primary40=lower
 airlink channel range 36 52 100
 airlink channel range dfs 36
 airlink transmit power level 5
airlink enable module2
airlink select 1
 airlink ssid wlx402_sample
 airlink vlan-id 1
 airlink bind module1 module2
 airlink auth open none
 airlink pmf off
airlink enable 1
certificate generate ca "WLX402 RADIUS"
schedule at 1 startup * ntpdate 192.168.100.254 syslog
schedule at 2 startup airlink module2 airlink channel change station-none exclude=none
wlan-controller host 00:a0:de:xx:xx:xx 00:a0:de:yy:yy:yy
wlan-controller host ip address 192.168.100.240
wlan-controller bind vlan auto
wlan-controller auto-switch sub-controller use on
wlan-controller select 1
 airlink select module1
  airlink mode 11b+g+n
  airlink channel 1
  airlink transmit power level 5
 airlink enable module1
 airlink select module2
  airlink mode 11a+n+ac
  airlink channel auto bandwidth=80 primary=lower primary40=lower
  airlink channel range 36 52 100
  airlink channel range dfs 36
  airlink transmit power level 5
 airlink enable module2
 airlink select 1
  airlink ssid wlx402_sample
  airlink vlan-id 1
  airlink bind module1 module2
  airlink auth open none
  airlink pmf off
 airlink enable 1
wlan-controller select 1 3
 wlan-controller member-ap 00:a0:de:zz:zz:zz
 wlan-controller system name WLX402_CCCCCCCCCC
 wlan-controller ip address 192.168.100.242/24
 wlan-controller auto-cell-recover support-ap 1 2

[解説]

  1. 自動セルリカバリー機能を有効にします。
  2. 通常時の送信出力は最大値以外にします。
  3. Member-APごとにサポートAPを設定します。
  4. Controller-APが停止したときもサポートAPの送信出力を上げたい場合は「Controller-AP自動代替機能」を有効にして、
    代替Controller-APに設定を送信しておく必要があります。


8. SYSLOGメッセージ一覧

本機能において出力されるSYSLOGメッセージを以下に示します。
このSYSLOGメッセージはController-APでのみ表示されます。
出力されるメッセージには"[ACR]"というプレフィックスが付加されます。

レベル 出力メッセージ 意味
INFO Started Monitoring process 監視動作(プロセス)を開始した。
INFO Stopped Monitoring process 監視動作(プロセス)を停止した。
DEBUG Started monitoring the target AP <MAC アドレス>
(Support AP: <MAC アドレス>, <MAC アドレス>, <MAC アドレス>)
<MAC アドレス>の対象APの監視を開始した。
(サポートAP: <MAC アドレス>, <MAC アドレス>, <MAC アドレス>)
INFO Detected the target AP stopped <MAC アドレス> <MAC アドレス>の対象APの停止を検出した。
INFO Set the transmit power to maximum level Group-N,
Member-M [<MAC アドレス>] for Member-Z [<MAC アドレス>].
メンバー番号-Zの対象AP [<MAC アドレス>] のために、
グループ番号-N, メンバー番号-MのサポートAP [<MAC アドレス>] の
送信出力を最大値に設定した。
INFO Not changed the transmit power level Group-N,
Member-M [<MAC アドレス>] for Member-Z [<MAC アドレス>].
(already used).
メンバー番号-Zの対象AP [<MAC アドレス>] のために、
グループ番号-N, メンバー番号-MのサポートAP [<MAC アドレス>] の
送信出力を変更しようとしたが、すでに最大値に設定されているため、
実行されなかった。

[EOF]